--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/01.Thu

比良の歴史ハイキング 栄えた港

比良の歴史ハイキング

今回のハイキングは欲張って、山から湖辺まで2回分を回る強行軍でした。
しかも傘を片時も離せない一日でした。

雨の中午前中の2時間半を歩くと、汗が滲み、靴も靴下もグショグショ。
ギャラリーskogで思い思いのお弁当を頂きました。
参加者の皆さんはお弁当持参で、大人の遠足ですね。
ひと時ほっとして午後のコースに出かけました。

比良の歴史ハイキング

午後の一番は今日の雨の元になった庄六さんのお墓。

前日からの雨で足元は川になっているかもしれないと心配しましたが、水は苔に吸われて、下見の時と変わらない状態でホッとしました。大きな裏白の生い茂る道を分け入ると。今にも落ちそうな丸太の橋が雨に光り、思わず足元に力が入ります。

比良の歴史ハイキング

庄六さんは1280年の比良庄境論争の決着をつけるくじに負け、申し訳ないと雄松崎を見下ろす丘で自害しました。哀れんだ村人はこの丘に庄六さんの墓を建てて霊を慰めました。

お墓は比良の庄向けて建ててもいつの間にか憎い雄松崎の方を向いてしまうというのは比良岡さん独自の説明でした。その後ろに建つ仏性塚は60年ほど前に農耕に使っていた牛が病気で沢山死んだ時に塚を立てたもので、庄六さんとは何の関係もないそうです。

この場所は「作家の仕事展」でお世話になる「福田寺」さんの土地なので、当時のご縁さんが同じ場所に建てたそうです。

比良の歴史ハイキング

山を降り琵琶湖に向かう道は、しいの実や栗、柿、黄金の稲穂が目を喜ばせてくれました。

そして「そぐらはま」へ。

ここは帆掛け舟が集まる琵琶湖の交易の港跡。蔵が立ち並んだ所から総蔵→そぐら浜となったそうです。その浜先の石垣に常夜灯が残っています。

比良の歴史ハイキング

この時期の琵琶湖は産卵を済ませたアユの死骸が打ち上げられて、異臭を放っていました。そぐら浜から湖辺の民家の間を抜けて鳥居浜へそして比良駅まで午後からも2時間半のハイキングはつつがなく終了しました。

雨の中の強行軍を果たし仲間はお互いに健闘を称え、案内の古老に心から感謝をしてお開きになりました。

比良の歴史ハイキング

ハイキングを通して、単に比良でお客様を迎えるだけではなく、ハイキングの仲間として四方山話をしながら歩くと、参加者さんとの距離がグゥーンと近づいた感じがします。

人気コースですから今後益々参加者が増える事でしょう。雨で断念された方も次の機会には是非ご参加してくださいね。

比良の歴史ハイキング

歴史ハイキングー2009秋  完
スポンサーサイト
比良の歴史ハイキング | Comments(2) | Trackback(0)
2009/09/30.Wed

比良の歴史ハイキング 「庄六さんのたたり

比良の歴史ハイキング

午前5時半、真っ暗な外に出て見ると、大粒の雨が容赦もなく落ちていました。
パソコンから天気予報を呼び出すと、午前9時から午後3時までは曇りの予定。
今日は、この予報を信じよう。

はい、ハイキング催行です。

比良の歴史ハイキング

次々にキャンセル電話がかかり、最終的に何人になるのか読めないままに、出発時間の10時を迎えました。参加者8名 案内人2名 スタッフ3名 合計13名で出発。

比良の地域は北比良、南比良と分かれているので、途中で案内人の古老がそれぞれの場所で待っていて下さった。合計5名の古老の解説があり、とても贅沢なハイキングになりました。

比良の歴史ハイキング

少人数のパーティーは直ぐに打ち解け、わき合い合い雨にも負けず歩きました。樹下神社と天満宮は前回も行っているのに、今日初めて手洗いの水受けは石棺と知りました。

歴史ハイキングに参加したのは今回で3回目、前の2回は雨の心配をした事はありません。山川代表が「庄六さんのたたりやわ」とぽつりとつぶやく。

庄六さんのお墓に行くコースはいつも雨が降るというのです。

雨にぬれて、より鬱蒼とした森に入るとひんやりとした空気が心地よい。猪垣をぬけ、百間堤に登る坂道で山川代表はアケビ見つけた。

紫色のアケビは少しはじけて果肉がのぞく。おいしそうと女性軍のため息を誘ったけれど、到底手は届かない。残念。

比良の歴史ハイキング

百間堤はつい先日大物の老人会の方が草引き掃除をされて、2週間前の下見の時より随分綺麗になっていました。この時間は、曇りの予定だったけれど雨足は切れることなく、傘を打つ。

それが気にならないほど、古老の話は面白く参加者を引き付け、拍手を受けていました。

比良の歴史ハイキング


(歴史ハイキング1部)
比良の歴史ハイキング | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/25.Fri

雨 こわーい

kanjiruhira013.jpg

来週水曜日、9月30日は、比良の歴史ハイキング
1週間をきると、試験の合格発表のように固唾を呑んで天気予報を見ています。

エエエ!!・・・うそっ
傘マークがついているー。

晴れ女の面目にかけてと勢い込んだけれど夕涼みコンサートは大雨警報だった。
開演までには上がりましたが、出鼻をくじかれたのは事実。
かんじる比良―2009春はインフルエンザで中止。

それ以来、事ある毎に空が恨めしい。

比良の歴史ハイキング

当日は30人以上のパーティーになりそうです。
皆様、空に祈ってください。

比良の歴史ハイキング | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/19.Sat

比良の歴史ハイキング下見(後編)

比良の歴史ハイキング

午後からは鬱蒼と木が茂り、小さな小川の流れる「ブッショウノ」を通って、庄六さんのお墓に向かいます。

ここにある小川は山からの湧水で透き通った水がさらさら流れ、ほっとする風景を作っています。住宅地の直ぐ近くとは思えない場所です。「佛性野」という地名で、ここでは鉄鉱石が採集されて、鉄工所もあったそうです。

比良の歴史ハイキング

そういえば、百間堤から流れる四ツ子川は比良山の花崗岩を細かく砕いて舞子の浜まで運んだそうです。比良山は花崗岩が採集され、琵琶湖から各地に送られた石の産地です。

山と湖に挟まれた狭い土地の上、獣害もあり農業には制約のある土地でしたが、石と鉄が生活を支えていたのです。

比良の歴史ハイキング

佛性野を抜けると、現在工事中のバイパスを横切ります。

急に近代化された無機質な道路が現れるのが現代生活の宿命。その先には佛性野より、なお日差しの薄い、湿地の山道がはじまります。水苔や羊歯に覆われた道は、少し滑りやすく足元に注意を注ぐ。庄六さんのお墓は小高い丘の上にあると聞いていたのですが、その時代なら丘の上と言うよりも山また山の上だったのではなかったか。

比良の歴史ハイキング

庄六さんのお墓は想像したより大きく普賢菩薩の上に座っていました。

庄六さんは土地争いのくじ引きに負けて自害をしたと伝えられています。それを気の毒に思った村の人たちによって祭られたそうですが、ちょっと不思議な現象もあるとか。庄六さんのお墓の後ろにある佛性塚と彫られた石碑が気になります。

ここは特別な場所だったのかもしれません。

比良の歴史ハイキング

庄六さんのお墓を後に40分ほど歩くと最終目的地のそぐら浜に出ます。残念な事に、この日は午後に他の用事を抱えての下見だったので、そぐら浜まで行かずに引き返しました。

ハイキング当日の楽しみにとっておく事にしました。
比良の歴史ハイキング | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/18.Fri

比良の歴史ハイキングー下見(前編)

か

案山子に見送られて、比良駅前を出発。
初めに目指すのはR161沿いの珍しい神社、天満宮と樹下神社。

今年の春に改装した樹下神社の真新しい社殿が・・と思うと天満宮がただ今改装中。
同じ敷地に全てがシンメトリーに2つの神社が配置されています。
綺麗になった樹下神社を天満宮が見ているだけで事が終わるわけは無いのです。
興味のある方、この辺突っ込んで下さいね。

かんじる比良

そして、次はシシ垣

これは山の動物と人が住み分けるために200年位前に詰まれた石垣です。所々が壊れていますが、比良から大物までつながっているそうですよ。

シシは目の前をふさがれると前に進めないのだとか。シシ垣を横にズンズン歩きたいけれど、大きな蜘の巣が方々にかかりよそ見をすると蜘の糸に捕まってしまいます。

百軒堤

木切れを回しながら柔らかな山土を踏みしめて進む先は比良が誇る先人の偉業、百間堤。

比良山系から流れる四ツ子川は、度々はんらんし、1852年の水害後、当時の藩主堀田正誠が約6年間かけて築造させた堤です。巨石を積み上げた壮観な石組みが今も残っています。

去年の春以来久々の訪問。

夏草に覆われ、春に見えた琵琶湖の対岸が今日は見えにくい。新緑がチラチラと美しかった木々は深い緑に盛り上がり、雑草に足を取られましたが、

川原には既にススキが揺れて秋の気配も近いようでした。

※比良の歴史ハイキングについてはコチラから。
比良の歴史ハイキング | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/09.Wed

比良の歴史ハイキング 2009 秋 開催日時のお知らせ

比良の歴史ハイキング

お待たせいたしました。詳細が決定いたしました!

比良山と琵琶湖に挟まれたのどかな自然の中を、秋の風を感じながら先人の偉業にふれる比良の歴史探索ハイキング、是非ご参加下さい。

詳しくはコチラ、「かんじる比良」公式サイトより

比良の歴史ハイキング | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。