--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/19.Wed

かんじる比良2010 歴史ハイキング

2010年5月13日、「かんじる比良2010歴史ハイキング」を開催いたしました。

当日は朝から小雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気でしたが、たくさんの方々にご参加いただきましたことを心より御礼申し上げます。参加者の皆さん・歴史案内人・スタッフを含め総勢21人のグループで北小松地区を散策いたしました。

種徳禅寺

はじめに訪れたのは、北小松駅から徒歩3分の「種徳禅寺」。山すそにツツジが満開の美しいお寺でした。ご住職いわく「遊べる寺」とのお言葉どおり、写真の「運試しの壷」を筆頭に、敷地内のあちこちに見所が満載のお寺でした。お話し上手のご住職が一番の見どころ(聞きどころ)かもしれません。

楊梅の滝

次に目指したのは「楊梅の滝」。雨降り後で水の量が多く、遊歩道にも水がしたたっておりました。すがすがしい新緑と滝の流れる音に静かに向き合い、自然との対話を楽しみました。

小松漁港

比良げんき村の見晴らしの良い丘でお弁当を食べたあと、午後のコースへ。山を降り国道を渡るとすぐに碧い湖が目の前に。少し歩くとそこは小松漁港。歴史案内人の松井さん(漁師さん)が私たちを迎えてくださいました。松井さんは84歳の現在も現役漁師さんです。湖魚の漁についての説明を受けた後、漁港付近を案内してくださいました。

樹下神社

小松漁港付近の散策には、この地区の自治会長さんも同行してくださいました。ハイキング後半、伊藤城跡見学の後、湖端にある木原食品さんの工場見学をさせていただきました。美しい湖に別れを告げ、一行は最後の目的地、樹下神社へ向かいました。樹下神社では戦国時代の話から鳥居にまつわる話まで、地元に伝わる興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。

午後には天候に恵まれ、すがすがしい五月晴れのハイキングとなりました。ご参加くださいました皆様にはお怪我もなく無事に帰路につかれたことを心より御礼申し上げます。至らぬ点も多々あったかと思いますが、歴史ハイキングを楽しんでいただきまして、まことにありがとうございました。

(かんじる比良の会)
スポンサーサイト
かんじる比良2010 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。